b0367157_21171531.jpg
ドーナツ食べたい。

わたあめです。
最初の記事は
自然単t:サソリスギョギョウ】について。
最近CSやvault大会やらで台頭してきた、【自然サソリス】の流れを汲むクリーチャーコントロールデッキです。
まずは私が使用しているレシピをどうぞ。

『サソリスギョギョウ』
4 x 龍覇 サソリス
3 x 革命目 ギョギョウ
3 x S級原始 サンマッド
4 x 霞み妖精ジャスミン
4 x 天真妖精オチャッピィ
2 x 侵革目 パラスラプト
4 x 龍覇 マリニャン
1 x 次元流の豪力
1 x 霊騎ラグマール
3 x 雪精 チャケ
4 x トレジャー・マップ
4 x 雪精 ジャーベル
1 x ダンディ・ナスオ
1 x 鎧亜の咆哮キリュー・ジルヴェス
1 x 光牙忍ハヤブサマル

2 x 邪帝斧 ボアロアックス/邪帝遺跡 ボアロパゴス/我臥牙 ヴェロキボアロス
1 x 神秘の集う遺跡 エウル=ブッカ/遺跡類神秘目 レジル=エウル=ブッカ
1 x 龍魂城閣 レッドゥル/極真龍魂 オール・オーバー・ザ・ワールド
1 x 龍魂教会 ホワイティ/極真龍魂 オール・オーバー・ザ・ワールド
1 x 無敵剣 プロト・ギガハート/最強龍 オウギンガ・ゼロ
1 x 勝利のプリンプリン/唯我独尊ガイアール・オレドラゴン
1 x 勝利のリュウセイ・カイザー/唯我独尊ガイアール・オレドラゴン

次は基本的な動きを大まかに。

・序盤は《霞み妖精ジャスミン》等でマナ加速しつつ《トレジャー・マップ》や《雪精 ジャーベル》で手札の質を高めたり、《龍覇 マリニャン》から《神秘の集う遺跡 エウル=ブッカ》を出し、展開の下準備。
・マナが溜まったら《龍覇 サソリス》を召喚、《邪帝斧 ボアロアックス》を装備。クリーチャーを踏み倒しつつ、可能なら《邪帝遺跡 ボアロパゴス》へ龍解。
・状況に応じ、相手の展開を牽制する《革命目 ギョギョウ》や瞬時に打点を形成する《S級原始 サンマッド》等を絡めて直接攻撃を狙う。

といったところです。

それでは早速カードの採用枚数の理由についてから。
全種類書こうかとも思ったのですが、長すぎるのでこだわったところだけ掻い摘んで。

3x《ギョギョウ》
その蓋性能から殆どの対面においてできるだけ出したいカードで、普通に引いてきて出せることもある最低限の枚数は3と判断。横に伸びない弱みがあるため4は過剰か。

3x《サンマッド》
《ジャスミン》→《オチャ》→《サソリス》のようなあまり横に並ばない展開パターンからでもキルに充分な打点を生み出せる。流れの中でマナに置いておきたいので多めに3枚。

2x《パラスラプト》
【デッドゾーン】【ヘルボロフ】など、破壊やハンデスを狙う相手なら莫大なマナ加速が可能。トップ力の向上にもなる。だが、ふたつの能力を生かせる状況はやや限定的ともいえる(盾枚数やら墓地の都合やら)ため2枚。

1x《ダンディナスオ》
《ギョギョウ》や《パゴス》存在下における「《ラグマ》や《キリュー》や《サンマ》やらが欲しい!」というニーズに応えるカード。このカードのおかげでキルやロックに掛かる手間がかなり軽減される事も多いため、積極的に採用。

さて、次は環境有力デッキに対するプレイングについて。
ですが、正直その精度は保証できません。
私は特にvault大会やらで結果を残している訳でもないため、1人回し、フリー対戦で得た知識を元に書いていきます。

VS【自然デッドゾーン
除去手段は《ガイアール》→《デッドゾーン》が主体。よって《ギョギョウ》《チャケ》の早期着地による牽制が期待できる。相手は基本シノビによってでしか攻撃を防げないため、《サソリス》を召喚できたなら《マリニャン》→《レッドゥル》や《キリュー》で龍解を狙うのが吉。打点が揃ったらGO!

VS【レッドゾーン
相手が積極的に攻撃してきたなら、革命込みの《ギョギョウ》で応戦し、打点が揃い次第ワンショット。そうでないなら落ち着いて《パゴス》を建築していく。豊富なサーチで《オチャ》《サンマ》《チャケ》を優先的に探しておくと、《パゴス》下で《オチャ》SB→カウンターを狙いやすい。

VS【NEXT(ジャクポ/ウンター)】
《ギョギョウ》が除去手段の少なさもあってかなり刺さる。できるだけ素早く《ギョギョウ》を召喚し、《サンマ》で打点にゆとりを持たせるか《プロギガ》で《ボギラゴン》対策をしつつワンショット…と行きたいところだが、「バトルによる破壊」では龍解できないんで気をつけような(戒め)。まあ《メガマグマ》対策もあるんで、《マリニャン》では《プロギガ》を選択すべし。

VS【ヘルボロフ
殆どが《ブラッドレイン》主流に移り変わったため、マナ加速は積極的に。優先度が高い行動は《パゴス》建設だろう。《パゴス》が建てば後はのらりくらりと引いたカードで展開していけばいい。クリーチャーを大量展開するデッキなので、《ギョギョウ》も効果的。マナに《マリニャン》があれば、《プロギガ》によって《マグナム》による踏み倒し阻害を無視できるのは覚えておきたい。
あと《パラスラプト》がありえないくらい強いです、はい。

VS【自然刃鬼】
なんだかんだで《調和》《アポカリ》やらを乗り越えて殴る必要がある。《豪力》→《勝利リュウセイ》で色を散らしたり、《プロギガ》持ちを用意したりと攻撃への下準備は入念にしたい。また、相手は《ギョギョウ》《ラグマ》ロックを打開しないとハンターを展開できないので、それらを揃えてプレッシャーを掛けても良いだろう。

全部のデッキにギョギョウ刺さってます。ギョギョウつよひ。

最後に一言。

『ギョギョウでサンマ出すなよ!!!!』

…これにて一通りの解説は終了です。いかがでしたか。
初めてのデッキ記事、拙文に加え浅い知識で急いで書き上げたのもあって非常にお見苦しかったかと思われますが…次回以降も生暖かい目でご愛読いただければと存じます。
ありがとうございました!

[PR]
by Wataame_KIRIMI | 2016-04-19 20:42 | デュエル・マスターズ デッキ考察

皆様どうも。兵庫県在住、DMvaultプレイヤーのわたあめと申します。
この度、自分に向けたメモも兼ねて、こうしてブログを執筆する事を決意致しました。
当ブログでは主に、「デュエル・マスターズ」に存在する無数のデッキからアーキタイプを選び出し、私の見解も添えながら解説を述べていこうと思っております。

早速ですが、ここで私が掲げる、当ブログにおけるデッキについての記事に一貫させたい目標をご覧いただきます。

それは、「筆者並びに読者が記事によって自身の理論を再確認、ないしは確立する」です。

一見、大層な事を書いたように見えますが、予め断っておくとこれは「そのデッキに造詣の深い人間であれば容易に理解できるような事柄をまとめた、応用性の特に無い研究結果を述べるに過ぎない」という事に他なりません。
早い話が、経験豊富なプレイヤーにとっては「おっ、そうだな」程度の記事しか書けないよって訳です。真新しい記述、深い所まで掘り下げた記述には期待しないでください。

つまり、筆者である私は独り言のように記事を書いて自己の理論を整理し、読者の皆様は記事から「こいつもこんなこと考えながらこのデッキ使ってんねんな」と自身の理論と照らし合わせる。それが、私がブログを書く目的という訳ですので、どうぞごゆるりとよろしくお願い致します。

所詮高1の背伸びなんでこうして予防線を張るのだ…(小声)

[PR]
by Wataame_KIRIMI | 2016-04-19 18:37 | 雑記